No Art, No Life.

アクセスカウンタ

zoom RSS インディー・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国

<<   作成日時 : 2008/06/08 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

19年ぶりに再登場したインディージョーンズは相変わらずイイオトコ!!
一作目のヒロイン、カレン=アレンのハツラツぶりも健在。

「インディージョーンズ クリスタルスカルの王国」 
Indiana Jones and The Kingdom of the Crystal Skull
画像

世界中待ちに待ったインディージョンズの最新作が全米で公開。CGを駆使した現代のハイテクインディージョンズに様変わり。それをプラスにとるかマイナスにとるかは観る人しだいというところ。

超簡単ストーリー:考古学教授のジョーンズ博士(ハリソンフォード)は落ちこぼれ学生から渡された手紙をもとに南米アマゾンにクリスタルスカル(クリスタル製の骸骨)を求めに旅に出る。そこでそのクリスタルスカルを捜し求めているソ連の軍部科学者(ケイト=ブランシェット)らと対決。アメリカVSソ連の対決は果たしていかに?ジョージとマリオンの結末は?落ちこぼれ学生は何者?など面白どころふんだん、アドベンチャー、アクション満載の新作。映画シリーズ4作目。時代は1957年。監督スティーブン=スピルバーグ、製作総指揮ジョージ=ルーカス。

 物事とは何事も期待しすぎるから不満がつのるのだと思う。つまり時にはまったく期待しないで観る必要がある。インディージョーンズファンはおそらく期待しすぎているのではないだろうか。だからたいていの観た人たちの感想は「がっかりした。」なのである。そういうひとたちに言いたい!なにをそこまで期待しているのか?ただただ19年ぶりに復活したところを素晴らしいと思いませう!!ハリソンフフォードが今もなお健在でそれはそれは素敵なオジサマでいることに拍手を送りませう!マリオンがまだこれほどパワフルで華があることをほほえましく思いませう!!
画像

 と書きつつも、正直ブラボーな映画ではないと私も思う。まず観た感想は「何百ミリオンドルを使って、その何倍儲けがでるのかな。投資家うほうほだなぁ。」とにかく製作費かかりまくってるのは言うまでもない。豪華である。そしてCG使いまくりだ。このご時世しかたないね。でも一作目のすごさはCGじゃ出せないんだなぁと痛感したわ。テクノロジーは進化することで大事なものを確実に失ってるね。昔の作品はワイドなシーンの迫力なんかは黒澤映画を彷彿させたものだったが、今回はCGなのでそういうことは期待できない。ハイテクを駆使したグラフィックの世界そのままに止まってしまった。
 ただファンには楽しみが詰まっていると思う。第一作目でヒロイン役マリオンを演じたカレン=アレンが再登場。ジョーンズ博士とその後何があったのか、二人の恋愛の行方がみどころのひとつ。またアークがチラッとだがソ連軍の倉庫にあるのが映ったりする。
 また観客をあきさせない構成はさすが世界のスピルバーグ×ルーカスコンビ。静と動のシーンを交互に織り交ぜ、さらにユーモアをたくさん取り入れている。ヒーローは絶対に死なない!という確信のもとで観ていても、ドキッさせる迫力あるシーンが数々登場する。効果音、音楽もこれでもか!ってくらい、お約束の場面で必ず使ってるし。そういう期待は絶対に裏切らないね。
 ケイト=ブランシェットがソ連軍のひとりとして登場してるのが面白い。アクションで盾も披露しているが、そのシーンの合成があまりにあからさまで大笑いしてしまった。コメディー映画だったなぁ。また彼女、ロシア訛りの英語を話しているのだが、途中からまったく訛りが消えてしまい、オーストラリア人の英語になっちゃうの。で程なくしてまたロシア訛り戻るんだけど、オスカー女優も手を抜いちゃうんだなって感じよね。でもいいんだな、これはインディージョーンズのお祭り映画ですからね。
 そしてやはりどうしても核爆発のシーンは好きになれない。人形たちが吹き飛ばされているが、日本人の私にとっては全然お気楽に観てはいられないシーンであった。こういうのなにも考えないで作ってるアメリカ人のセレブにはがっかりするがそれが現実。どうにもならないね。
 ただこういう映画でも、なにか伝わってくるものとか、観客への警告とかテーマとかそんなんはないんかな、とおもって観ていたが、、、あるとしたらなんだろう。。エイリアンに地球を征服される日は近い???かな。
 個人的には好感の持てる映画です。おかしなところには眼をつぶってあげるのが大事。とにかくありえないアドベンチャーを楽しんだもん勝ち!!やはりこれだけの規模の映画を製作できる人たちに拍手と羨望のまなざしを送ってあげるべき。それにここまでの超超超豪華ハリウッド大作もこれからどんどん稀少になっていくことだろうしね。パチパチパチーーーー!!!!!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 ジャパン・プレミア
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の ジャパン・プレミアに行って来ました。 会場の代々木体育館は、20年程前にEW&Fのコンサートに行って以来、久しぶりでした。 その時も今回と同じ2階席だったのですが、天井が低いので音が反響して最悪の音響だったのを思い出しました。 会場に入ると巨大なスクリーンで、インディのコスチュームを着て来場している一般人を次々に映していました。 なかなか皆さん、本格的な格好をしていて、こういう人達って本当にいるんだなぁと感心しつつ、何故かそうい... ...続きを見る
アートの片隅で
2008/06/16 11:13
フェラガモ 財布
インディー・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国 No Art, No Life./ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 財布
2013/07/03 11:50
プラダ メンズ
インディー・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国 No Art, No Life./ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/06 05:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インディー・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国 No Art, No Life./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる