No Art, No Life.

アクセスカウンタ

zoom RSS ジュノ/JUNO

<<   作成日時 : 2008/05/18 18:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

素敵なことばであふれてる映画

今年のアカデミー賞で話題をさらった映画「ジュノ」JUNO
公式HPはこちら
画像
超簡単ストーリー:16歳の普通の高校生(ジュノ)が好きな男子と一回してみたセックスで妊娠。堕ろすの?産むの?だとしたらどうやって育てるの?といった多くの問題に直面するジュノとその周りの人々の愛すべきヒューマンコメディー。
 これ観て、金八先生の「15歳の母」で育った日本人の私はぶったまげた。こ、こ、こ、高校生の妊娠をコメディーにしてしまうんですから、アメリカという国は。そして大ヒットです。日本ではどんな反響なのか気になるところ。
 監督はジェイソン=ライトマン。弱冠30歳でしかも長編映画2作目でこんなの撮ってしまうなんて、よっぽどの才能と運と環境の持ち主だと思う。主演はエレン=ペイジ Ellen Page。「ハード=キャンディ」の彼女の演技にほれ込んだ監督がキャストしたそう。「ハード=キャンディー」では彼女恐ろしく狂った役を普通の女の子で演じてて怖かったなぁ。等身大の自然な演技やらせたら天才ね。他にジュノのお母さん(父親の再婚相手)でアリソン=ジャニーが出てる。「ベティーサイズモア」のプロデューサー役や「めぐり会う時間たち」のレズビアン役などでバイプレーヤーとしていつもいい存在感出してる人。
画像

 しかーし!この映画はこの人抜きには語れない。ストーリー書いた人、ディアブロ=コディーDiablo Cody。彼女は自身のストリッパーの経験をブログに書いていたが、それがこの映画のプロデューサー目にとまり、彼女の文才に惚れて脚本を依頼したそう。このご時世、誰がどこでなに見てなにたくらんでるかわからない。なんでもやってみる価値あるわ!女優のように美しい彼女。そして彼女の描くことばはキラキラしててとってもピュア。このダイアモンドのようなことば達と、新しい命(妊娠)というテーマがうまくコラボしてこの映画の完成度を高めたと思う。彼女の文章はリアルと夢物語のギリギリのところでその両面をうまく化学反応させて温かみのあるセリフを生み出してる感じがした。そういう描き方によって重く悲劇的になりがちなテーマをさわやかに、すがすがしい世界にしてる。
 
 
 以下は私のお気に入りの映画の中の台詞。ジュノが今後の人生に不安になり、一生ひとりの人と愛し合って生きてくことって不可能なんじゃないか、とお父さんに弱音を吐くシーンでお父さんがジュノに言ったことば。

 「お父さんが思うに、おまえができることはありのままのジュノを愛してくれる人を見つけることだよ。いいときのジュノも、最悪の状態のときも、醜いときも、かわいいときも、かっこいいときも、おまえになにがあろうとそのままを愛してくれる人を見つけなさい。その人はお日様がおまえのおしりだってキラキラ照らしてくれてるって思ってる。きっとずーっと一緒に生きていく価値があるのはそんな人じゃないかな。」

 ありのままの自分を愛してくれる人。そんな人が見つかったらどんな自分だって認めて前向きに進んでいけるような。でもそれがよくわかんないからいつも立ち止まって悩んでる。自分にふと不安になったらこのことばに戻って、「ありのままの自分」をそのまま受け容れてくれる人がいるってことを信じたい!!!ひとつひとつのことばがとってもピュアな映画「ジュノ」。そして自分のまわりにいる人たちがどれだけ自分を大切に思っているか、ひとりで生きてるわけじゃないんだ!とふと我に返れる映画。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
POPでCUTEでVIVITな「JUNO(ジュノ)」
 昨日は新大阪のメルパルクで試写会{/m_0058/}。 ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2008/06/04 12:25
「JUNO/ジュノ」
「JUNO/ジュノ」の試写会に行って来ました。 アカデミー作品賞にノミネートされた作品です。 「ノーカントリー」 「つぐない」 「フィクサー」 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 などの他のノミネート作品は、いかにも玄人好みといったセレクトなのに対して、何故この作品がノミネートされたのかが不思議でした。 「まぁ、ひとつくらい若者に受けた映画を入れときますかぁ」という感じだろうね(^o^) 上記のノミネート4作品は、どれも私的には、イマイチな作品ばかり、、、案外この映画が一番面... ...続きを見る
アートの片隅で
2008/06/11 11:19
[映画『JUNO/ジュノ』を観た]
☆以下のような状況がアメリカで起こったと言う・・・。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』
2008/06/22 21:51
【2008-147】JUNO/ジュノ
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/06/29 21:36
『JUNO/ジュノ』
せっかくの映画の日で、明日は休み。仕事が遅番とはいえ映画を観ずに終わるのはもったいないでしょーと思って、シネ・リーブル池袋でやってた『JUNO/ジュノ』をレイトショーで観てきました。 ...続きを見る
cinema!cinema!〜ミーハー映...
2008/07/02 03:20
JUNO/ジュノ
アメリカで、たった7館での公開から2448館に拡大し、 ついに興収全米第2位へと大躍進した作品と聞けば期待大。 しかも若手女流脚本家ディアブロ・コディは、 本作が長編映画脚本デビューにして 本年度のアカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。 同じような道をたどった「リトル・ミ ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2008/09/20 00:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジュノ/JUNO No Art, No Life./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる