No Art, No Life.

アクセスカウンタ

zoom RSS 君とボクの虹色の世界/ME and YOU and EVERYONE WE KNOW

<<   作成日時 : 2008/05/22 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

色がアート。衣装がアート。絵がアート。
はじまって1分でノックアウトされてしまう、
ミランダ=ジュライのセンス溢れるアートでいっぱいの映画。

画像
コミュニケーションとか、恋とか、家族の絆とか、手にとって実感できないものをどうにか脳みそに実感させようと奮闘してる人たちのお話。

 超簡単ストーリー:高齢者タクシーのドライバーの30歳くらいの女は、アーティストとしても恋をテーマにしたアートを撮り続けている。ある日、彼女はデパートの靴売り場の店員に恋をする。現実の恋とアートの中の恋と、恋した相手の現実問題と生活と、現実で起こる人とのトラブルを通して、主人公と相手と、それに関わる人たちを描いたお話。
 これ、はじまりかたがとっても素敵。監督のヴィジョンの鮮明さを魅せつけられる。この映画監督ミランダ=ジュライ、なんとこれが長編初監督作品というからびっくり。すでに完成してるではないか!!それにこんなに役にぴったりの女優をよくキャスティングできたなぁと思って観ていたが、あとで調べてみたら、どうやらミランダ=ジュライ自身が書いて、監督して、主演もしてるらしい。そりゃぴったりの役なわけだわ。自分なんだから。それにしてもすごい才能。これからに注目しよう。
 彼女のキュートさはアメりを彷彿させる。おとぎ話に出てきそうな夢見る少女。車を運転しながら死ぬ間際の金魚を見つけたときに見せた彼女の絶望的な表情や、幸せな恋人同士を自作自演して撮り続けるビデオアートをみると純粋で優しくて儚げな女の子なんだなぁと思うが、現実の人間に恋をしたときの節度をわきまえないアプローチぶりがストーカーだったり、自分のポートフォリオを美術館に持っていくときは怖いもの知らずで唐突で案外図太い神経持ってたりする。そのあたり夢見る夢子ちゃんであるがゆえの表と裏を正直に描いているなぁととても好感が持てた。
 彼女が恋した相手は離婚したばかりで子供二人と携帯持てないほどの貧乏生活してる男。でも夢子ちゃんにはそんなこと関係ないのです。で、またその男の子供がおかしくって、弟なんてまだ6歳くらいのガキなのに性的にませちゃってて大変!大変なことが起こるけど、それはここで書くのはちょっと赤面だし、観た人だけのお楽しみということにしようっと。
 
画像
この映画みて思ったのは、人はなにを以って人とつながっていると実感しているのかなぁということ。映画のタイトル日本語だと「君とボクのー」になってるけど、原題はME AND YOU-ってMEが先に来てる。直訳すると「ボクと君のー」なわけで、これはちゃんと意味があってMEが先に来てるんじゃないかと思うのだ。自分がいて、それで相手がいて、それでその他周りのみなさんがいる。つまり世界の中心にはいつも自分がいるというわけ。でも、その世界の中で自分はいつも誰かとつながりたいって思ってていつも何かつながりを実感できるものを探してるんじゃないかなぁ。
 印象的なシーンは、恋する相手と元妻とのケンカを目撃した主人公の夢子ちゃんが元妻に向かって、
 「自分で言いたくないんだったらこのボタン押してかわりにアイラブユーって機械に言ってもらったら?ボタン押せば押しただけ何回でも言ってくれるから。」
っていうところ。これ聞いた元妻の表情が重要で、「怒り」じゃなくって「確かにそうかも。。」的な顔してるの。人は誰かとのつながりを求めて一緒になるのに、どうしてそれを簡単に捨てちゃうのだろう。I LOVE YOUってことば忘れなかったらつながっていけるかもしれないのになぁ、と。夢見る夢子から学ぶこと多かったなぁ。
 それに、この素晴らしい天文学的記号である ))<>(( は観た人しかわからないし、観た人は絶対忘れない記号なんだけど、これって実は人と人との究極のつながりの記号なんじゃない!!って思った私はおかしいかなぁ。うん、おかしいね。現実離れしてるつながり方だけど、つながってるって確実に実感できそうじゃない?
 逆に現実的といえば、隣人の女の子が面白かった。まだ8歳くらいなのにもうすでに嫁入り道具を集めまくってるの。これ究極の現実的。

 いつかまたじっくり観たい映画。そのときまた新鮮な何かがもらえそう。
 そして主人公の着てた衣装が全部欲しいよー!!!



 



 





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ アウトレット
君とボクの虹色の世界/ME and YOU and EVERYONE WE KNOW No Art, No Life./ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ アウトレット
2013/07/04 00:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
君とボクの虹色の世界/ME and YOU and EVERYONE WE KNOW No Art, No Life./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる